Our Team

Here are our instructors and advisors who will support you through your Change journey.

Rio Osumi | 大住 りお

Prosci Certified Instructor

Prosci Certified Instructor

Rio Osumi | 大住 りお


ProfileRio started her business career after completing her degree from Liberal Art College in Tokyo and started her career in Sales and Trading in Foreign Exchange and Interest Rate products group at a Japanese bank.  She moved to the States and received her MS degree in Management.  She worked in Tokyo for US companies both in Financial Institution and Semiconductor Manufacturing, in the areas of Derivative Products Institutional Sales, Retail Products Marketing and Development, Treasury Management, Operations Finance, Minority Investment, and then moved to Shanghai PRC to build Treasury Organization and focused on People Development in Finance Group.Coming back from PRC, she started to look after HR activities in Japan, including HR Management, Organization Capability Development and HR Executive Partnership.  She engaged in change management in alignment to a few acquisitions, business and site integrations. Throughout her career, she has taught essential people skill training programs inhouse, such as Coaching, Diversity and Inclusion, Communication Skills, Micro-inequity and Leadership development.She now teaches Career Development at Temple University in Japan while running a nursery school in Yokohama.

Message from Instructor/ Advisor業務上、事業統合、拠点統合などを責任者としてけん引する機会が多く、厳しい環境下でも社員に変革をより受け入れてもらう導き方があるのではないか、と悩むことが多くありました。チェンジマネジメントという言葉を聞くことはありましたが、人事部が机上の空論的に話しているものだという印象があったので、実務的に知ってみたいという気持ちが高まりました。また、グローバルで全社的にシステム導入に関わった際には、導入を中心に担う海外拠点チームと日本法人の間、エンドユーザーである社員とプロジェクト進行の温度差をよく感じていました。それらはすべて、最終的には個々の社員の皆さんが直面し、また役立てていくもので、この人的側面にスポットライトをあてるのがチェンジマネジメント。チェンジマネジメントは働き方改革のみならず、仕事の進め方を刷新し、企業に益をもたらし、組織に達成感をもたらす礎となるのでは!と強く信じてやみません。

大住 りお | Rio Osumi

アドバイザリー

アドバイザリー

大住 りお | Rio Osumi


プロフィール東京生まれ。新卒で都市銀行に就職し、米国で経営学修士号取得。帰国後米系銀行東京支店に勤務し、主に市場金融商品関連部署で営業に携わる。その後米系半導体メーカ20年勤務、主に財務、経理、マイノリティ投資、投資先経営、事業部人事、組織・人材開発、M&A統合担当。東京・上海・北京勤務を経て現在、米系大学東京校非常勤講師としてキャリア開発講座を担当するかたわら、横浜関内地区にて内閣府型企業内保育園経営に参画。2019年より日本におけるプロサイプログラムの講師をつとめる。

受講者へのメッセージ業務上、事業統合、拠点統合などを責任者としてけん引する機会が多く、厳しい環境下でも社員に変革をより受け入れてもらう導き方があるのではないか、と悩むことが多くありました。チェンジマネジメントという言葉を聞くことはありましたが、人事部が机上の空論的に話しているものだという印象があったので、実務的に知ってみたいという気持ちが高まりました。また、グローバルで全社的にシステム導入に関わった際には、導入を中心に担う海外拠点チームと日本法人の間、エンドユーザーである社員とプロジェクト進行の温度差をよく感じていました。それらはすべて、最終的には個々の社員の皆さんが直面し、また役立てていくもので、この人的側面にスポットライトをあてるのがチェンジマネジメント。チェンジマネジメントは働き方改革のみならず、仕事の進め方を刷新し、企業に益をもたらし、組織に達成感をもたらす礎となるのでは!と強く信じてやみません。