【10/8 無料セミナー好評にて終了】
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。


***2020/7/14・2020/8/4に開催されたセミナーと同じ内容となります。***

新しい働き方に移行するうえで、どのようなチェンジマネジメントが求められるのでしょうか

昨今の新型コロナウィルス感染症の影響拡大は、世界中に非常に大きな混乱をもたらしています。国内でも多くの企業がビジネス活動を制限することを余儀なくされ、個人も外出制限やテレワークが常態化するなど、生活の仕方そのものが大きく変化した状態が依然として続いています。

世界経済が大打撃を受け、国内でも当面は消費の低迷やインバウンド需要の激減といった事態が続くと予想される中、計画を立てる時間もなく、とにかく急いで対応をしなければならなかった時期を経て現在は、改めて今後の働き方を見つめ設計しなおすタイミングに差し掛かっているといえます。とはいえゆっくり考えている余裕はありません。刻一刻と移り行く環境下で私たちはどのように、この変化に対応していけばよいのでしょうか。

チェンジマネジメントとはまさに、この問いに答えるためのものです。個人が変化に直面したとき、どのような意識変革のプロセスを経るのか、どのような活動やサポートが必要なのかを明らかにし、組織として上手く変革を実行し適応するための方法論が、チェンジマネジメントです。弊社は世界最大規模のチェンジマネジメントサービスを手掛ける米国Prosci社とパートナーシップを提携し、組織や個人が変革を成功させるための様々な考え方やツールをご提供しています。

今回のウェビナーは、Prosci社が提唱する個人の変革モデルであるADKAR® をご紹介するとともに、コロナによる危機が続く中、今後どのような個々人の意識・行動変革の「チェンジ」が求められるのか、またそれをどのようにマネジメントしていくべきかについてお話します。

日時:2021年2月3日(水) 18:00 ~ 19:30
参加方法:オンライン
参加費 : 無料
言語 : 日本語
主催者 : 日本アタウェイ株式会社

 


Prosci(プロサイ)について
プロサイは1994年に米コロラド州で創立され、チェンジマネジメントのグローバルリーダーであると共に、フォーチュン100社のうち80%に選ばれるパートナーとなっています。プロサイは、総合的でリサーチにもとづく使いやすいツールや方法論、サービスに裏打ちされたチェンジマネジメントのソリューションを通じて、クライアントが変革を成し遂げ組織の変革力を育てることを可能にします。プロサイはこれまでに、6万5千人以上のチェンジマネジメント実践者を認定してきています。

Ataway(アタウェイ)について
アタウェイはフランスにて2000年に創立され、以降、グローバル企業のトランスフォーメーションプロジェクトに対するコンサルティングサービスを中心に様々なコンサルティング事業を展開しています。特に日本アタウェイでは、システム導入支援などに代表される技術的な側面の変革に対するご支援のみならず、日本国内のクライアント企業が、いかに変革を受け入れ、自分のものとして使いこなし、広く展開していくことができるか、について着目したご支援サービスを提供しています。