チェンジマネジメントは
一人ひとりの変革から始まります

成功する企業は変わり続けています。変革の成功には、変革の前、移行期、そして変革の後といった一連の流れの中で、社員への働きかけとサポートが必要不可欠です。Prosci®の方法論やツールは、変革における「人」の側面にフォーカスします。そして、組織のひとり一人が変わることを積極的に受け入れ、来たるべき次の変化に対応できるケイパビリティーを身に着けることを目指します。ご自身のチェンジマネジメントスキルを開発したいとご希望の方、または企業・組織としてのチェンジマネジメントケイパビリティーを確立するためのパートナーをお探しの方にとって、AtawayのProsci®チームは最適です。私たちは皆さまの「チェンジ」の成功にコミットします。

Prosci®とは


What is Prosci®

20年以上

にわたるチェンジマネジメント関連の活動・調査にもとづく方法論を提唱

45000人以上

の資格取得者を持つ世界最大級のチェンジマネジメントサービス提供会社

80%以上

の『Fortune 100』掲載企業と提携

日本アタウェイは、日本で唯一Prosci®の
チェンジマネジメント認定資格を提供しています。

“市場と顧客ニーズ、そして競争における変革の波に勝ち抜くことができる者が、将来の勝者となる時代です。クライアントが変革により成果を生み出すことをご支援するために、私たちは存在します”

- Tim Creasey PROSCI CHIEF INNOVATION OFFICER

コンテンツ


Contents

チェンジマネジメントとは何か?イメージ

チェンジマネジメントとは何か?

チェンジマネジメントとは、望ましい成果を実現するため、方法論やツールを使い、人的側面の変革をリードすることを指します。

イメージ

なぜチェンジマネジメントが必要なのか?

あなたの組織でも、チェンジは毎日起きています。また、どのような組織であっても、変革の取り組みの成果を生み出す上で普遍的な要素となるのは、 「人」です。チェンジマネジメントが求められる最大の理由をご説明します。

イメージ

ADKAR®とは何か?

変革を「人」の側面から考える時、Prosci ADKAR®モデルは世界中で最も必要とされ探求されてきたチェンジマネジメントモデルの1つです。このモデルはProsci®の20年以上にわたるリサーチが裏付けるとおり、組織の変革は個人が変革してこそ実現できるという、普遍的でありながら見落とされがちな実態にもとづいています。

プログラム


Program

個人のお客様

このような方におすすめです:・組織のリーダーとして部門の改善・改革に携わる場合・チェンジプラクティショナーとしてのキャリアアップをお考えの場合・重要な変革プロジェクトをご担当の場合 必要なのは組織の一人ひとりに対するソリューションです。本プログラムでは、世界標準のProsci® ADKARモデルにもとづき、変革を成功に導くために必要なリソースやツールをご提供します。

詳しくはこちら

法人のお客様

このような企業におすすめです:・組織横断的な変革を行う・新しいプロセスやテクノロジーを導入する・重要なプロジェクトで成果を出す・組織のチェンジケイパビリティーを確立する このような局面では、組織に対するソリューションが必要となります。私たちは、企業の抱える課題やニーズに応じた内容を構成し、企業のオフィスにて、プログラムを実施いたします。チーム全体がチェンジマネジメントの重要性を理解し、変革を効果的に実現する方法を学んでいただけます。

詳しくはこちら

受講者の声


What Participants Say

コースの内容について、全体的に大変満足しております。ブレイクアウトセッションを通して参加者同士の経験を共有し合うことが出来たことで、Change Management への理解も深まりましたし、活用に向けた具体的なイメージも湧きました。

日本マイクロソフト株式会社
長谷川 貴広チェンジマネジメント資格認定プログラム(バーチャル)受講

初めてバーチャルにて研修に参加させていただきましたが、思っていた以上に進行に違和感を感じず、無事に認定資格を得ることも出来て安心しました。プロジェクトマネジメントの一環として、チェンジマネジメントの一部を実践しておりましたが、改めて、人的側面がプログラムの成否に大きく関わることを再認識し、その手法を体系的に学ばせていただいたことに感謝いたします。また、プログラムの内容はもちろん、一緒にご参加いただいたメンバーの皆さまからの意見も大変勉強になりました。

PMIコンサルティング株式会社
早川 浩之チェンジマネジメント資格認定プログラム(バーチャル)受講

バーチャル開催でしたが最初から最後まで至るところに工夫があり、楽しく受講させて頂きました。チェンジマネジメントの体系的な方法論に加えて、Zoom会議を行う上でのアイデアを研修を通して学ぶことができました。実務に活用して成果に繋げることで広めていきたいと思います。

コンサルティング会社
マネージャーチェンジマネジメント資格認定プログラム(バーチャル)受講

想定以上に有意義な3日間で、時間を割いた甲斐がありました。講義、実シナリオに基づいたグループディスカッション、演習及び発表、最終チェックとバランスよく実施させて頂き、PCTやADKARの概念が腹落ちして、実務に活かせるレベルになったと感じています。

日本マイクロソフト株式会社
曽根 弘明チェンジマネジメント資格認定プログラム受講

チェンジマネジメントの全体的な概念、重要性などからフレームワークまで、しっかり頭に入れることができました。これから、色々な実務を通じて経験とともに定着化していきたいと思います。総じて過去最高に楽しい研修でした。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
山浦 一季チェンジマネジメント資格認定プログラム受講

3日間泊まり込みの研修であったため、集中してチェンジマネジメントのメソッドを体系的に学ぶことができました。また、他社から参加された方々が直面している変革のテーマを研修課題の題材とした点は、チェンジマネジメントの理解を高めるのに大変効果的でした。

日本ビジネスシステムズ株式会社
椎名 健治チェンジマネジメント資格認定プログラム受講

コラム


Column

変革のための共通言語としてADKAR®モデルを活用しましょう

変革はイベントではなく、プロセスとして生じます。組織の変革は、急に発生するようなものではありません。通常は、まず発表やキックオフミーティングがあり、そこで稼働開始となる日が知らされ、徐々に開始されていくものです。

詳しくはこちら

図解:ADKAR Modelが変革の原動力となることを示す新たなデータ

プロジェクトを成功させるには、変革を通じて第一線の社員を管理しサポートすることが不可欠である。そのためには、マネージャーや上位監督者に...

詳しくはこちら

バーチャル型チェンジマネジメント資格認定プログラムについて

オンラインで受講できる、プロジェクトにチェンジマネジメントを適用する方法を学ぶ3日間の体験学習プログラム。チェンジマネジメントの方法論、ツール、およびProsci ADKAR®モデルを組み合わせることで、プロジェクトの成果を上げることができます。

詳しくはこちら

変革に対して社員が抱く10の質問

プロジェクトを成功させるには、変革を通じて第一線の社員を管理しサポートすることが不可欠である。そのためには、マネージャーや上位監督者に...

詳しくはこちら

変革に抵抗を感じる社員の3つのタイプ 参加意欲を高めるには?

変革を迫られた時、社員たちの反応は3つに分かれます。第1のグループは、早い段階で進んで変化を受け入れ....

詳しくはこちら

チェンジマネジメントへの前向きな取り組みを促す5つの質問 

チェンジマネジメントが正しい状況で真価を発揮し、その価値にふさわしい優先順位を得られるようにするには...

詳しくはこちら