Prosci® Change Triangle (PCT) Model

いかなる変革も成功に導く重要な4つの要素を示したフレームワーク

成功のための重要な要素を確立する

Prosci® Change Triangle (PCT) Modelは、ADKAR® Modelに加えて、Prosci®の方法論の2つの基本モデルの1つです。このシンプルで強力なフレームワークは、変更を成功に導く4つの重要な要素と、それらがプロジェクトの健全性にどのように関連し促進するのかを、プラクティショナーが理解するために役立ちます。 また、プロジェクトの管理方法やリーダーの参画方法など、全体像のどこにチェンジマネジメントが位置付けられているのかも明示します。

Prosci®の調査によると、4つの要素でひとつでも脆弱であれば、そのプロジェクトは困難をきたすか失敗するという調査結果が出ています。Prosci®の方法論の中のPCT Modelは、成功を意識してチェンジマネジメント戦略を開始することを強調しています。プラクティショナーは通常、Prosci® 3フェーズプロセスの3つのフェーズ全てでPCT Modelを活用します。


PCT Modelの4つの要素

PCT Modelは、変革を成功に導く重要な4つの要素で構成されています。

  • 成功 – 変革の成功の定義。これには、変革の理由、プロジェクトの目的、および組織のメリットが含まれます。
  • リーダーシップ/スポンサーシップ – プロジェクトの方向性とガイダンス。これには、誰が変革が必要な理由、組織の方向性とそれが整合しているか、また何故その優先度が高いかについて定義する責任を有しているかを含みます。
  • プロジェクトマネジメント – 変革の技術的側面に対応する領域。時間、コスト、スコープの制約内で、問題を解決し改善機会に対処するソリューションを設計、開発、提供することにより実現します。
  • チェンジマネジメント – 変革の人的側面に対応する領域。人々がソリューションに関わり、身に着け、使用することを促します。

PCT Modelがフレームワークと共通言語を提供することで、チームはプロジェクトのこれら4つの要素を結び付けることができます。 主なステークホルダーは、リーダーシップ/スポンサーシップ、プロジェクトマネジメント、チェンジマネジメントのさまざまな要素で構成される、プロジェクト成功の共通の定義を作成します。

Prosci®のモデルを学ぶことにより、プロジェクトやプロジェクトマネジメントに対する私たちのアプローチは変わりました。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトがステークホルダーに与える影響について常に考えることに時間を費やすようになりました。このことがプロジェクトのROIや成果に与える影響は語りつくせません。

– メリー ブラケット氏、バージニア大学 (University of Virginia)

プロジェクトライフサイクルを通じてプロジェクトの健全性を評価する

健全な変革の取り組みは、変革が何の実現を目指しているかについて明確で整合性があるため、プラクティショナーは望ましい結果を念頭に置いて変革を効果的に管理することができます。プロジェクト全体の健全性を定期的に評価することは、プロジェクトの成功にとって重要です。その際、PCTアセスメントが役立ちます。

PCTアセスメントは、チェンジプラクティショナーにとって核となるツールです。プラクティショナーはProsci®ハブソリューションスイートのプロキシマ(Proxima)オンラインツールに簡単にアクセスすることができます。

プロジェクトの主なステークホルダーは、アセスメント結果を活用することで、プロジェクトの健全性にとって最大のリスクをもたらす原因を特定します。また、プロジェクトの健全性を改善し成功の可能性を高めるための、改善機会とアクションプランも特定します。PCTアセスメントは、プロジェクトの健全性のベースラインを確立し、またライフサイクル全体を通して主要なマイルストーンにおけるプロジェクトの状態とパフォーマンスをモニタリングするために重要です。

PCT Modelについてより深く学ぶ

もう少し深くPCT Modelについて学びたいですか? このオンデマンドウェビナーを視聴することで、PCTモデルを使用して、プロジェクトを成功に導くための変革関連の目標を明確にする方法を学習することができます。 また、ライフサイクル全体にわたるプロジェクトの状態のアセスメントとトラッキング、およびアクションを実行する方法についても学習します。

視聴する -Disable-