AIとチェンジマネジメント

我々は少しずつ人工知能(AI)が組織のチェンジマネジメントに与える影響を把握し始めています。AIがどのようにチェンジマネジメントに影響するか、変革リーダーがどの程度AIツールを活用しているか、そしてその利用方法や初期段階でのベネフィットについてProsciが調査した結果を紹介します。

詳しくはこちら

チェンジマネジメントのトレンドを読み解く — 2024年とその後

チェンジマネジメントは2024年の主要なトレンドの影響を受け始めています。これらのトレンドを理解し、チェンジマネジメントに関連するデータを分析することで、組織のリーダーやチェンジマネージャーは変革を促進し、オポチュニティを最大限に活かすことができるでしょう。各トレンドがあなたの組織、社員、そして変化し続けるチェンジマネジメントに与える影響を詳しく検証してみましょう。

詳しくはこちら

チェンジマネジメントの投資対効果(ROI)の算出方法

チェンジマネジメントによって、プロジェクトが目指す成果のうち、どの程度が社員の「受け入れと活用」に依存するのかを把握することが可能になります。人的側面の投資対効果(ROI)を定量化することで、チェンジマネジメントのROIを算出し、プロジェクトリーダーや経営幹部と有意義で建設的な対話を行うためのコンテンツを提供し、チェンジマネジメントへの賛同とコミットメントを得ることができます。

詳しくはこちら

抵抗チェックリスト:変革への抵抗に対処するためのベストプラクティス

Prosciの「抵抗チェックリスト」は、世界中の10,000人以上のチェンジマネジメント専門家との25年以上にわたるベンチマーク調査に基づいています。この高度なチェックリストは、チェンジマネジメントのベストプラクティスと皆様のチェンジマネジメント活動を整合させるための出発点として活用いただけます。

詳しくはこちら

チェンジマネジメントの5つの障壁を回避する

変革を成功に導くことは容易なことではありませんが、Prosciのチェンジマネジメント・ベストプラクティス調査は、変革を導入する際に何が有効で、何が有効でないかについて、貴重な識見とデータを提供してくれます。世界中のチェンジマネジメントのプロフェッショナルから得た識見により、成功を阻む一般的な障壁を予測し、回避することができます。

詳しくはこちら

管理が不十分な変革のコストとリスク

変革の人的側面が無視されたり、不適切に管理されたりすると、プロジェクトと組織はさらなるコストとリスクを背負うことになります。効果的なチェンジマネジメントは、コスト回避の手法であり、リスク軽減の戦術であり、正当な投資となります。チェンジマネジメントをどのように位置づけ、そのメリットをどのように明確に伝え、共有するかについて説明します。

詳しくはこちら

チェンジマネジメントアセスメントの実施方法

変革プロセスにおいては、チェンジマネジメントアセスメントが重要です。正しいチェンジマネジメントの枠組みに沿ってアセスメントを行うことで、チェンジマネジメント戦略プランが立てやすくなり、プロジェクトチームはチェンジマネジメントのアプローチを判断する上で十分な情報を得ることができます。

詳しくはこちら

組織の変革力を示す11の要素

チェンジマネジメントに取り組もうとしている人々は、組織のチェンジマネジメント(ECM)から得られる価値や、チェンジマネジメント能力を備えた組織の特徴を理解しきれていないかもしれません。チェンジマネジメント研修プログラムの中で、組織の将来の具体的で鮮明な姿を描く過程で得られた11個の要素をまとめることにより、組織が変革力を構築するとはどういうことなのか、理解を深める手助けとなるでしょう。

詳しくはこちら

変革の飽和状態を軽減する6つの対応策

組織の変革は、質と量の両面で減少の兆しは見られません。多くの急務の変革プロジェクトが進行中であり、そのため変革の飽和状態が発生し、その影響も懸念されています。このコラムでは、チェンジリーダーや組織が採用できる対策について紹介します。

詳しくはこちら

チェンジマネジメントの価値は測定可能

チェンジプラクティショナーたちは、チェンジマネジメントが変革にどれだけ寄与しているかを測定し、実感するのに苦労しています。しかし、Prosciの包括的なアプローチを用いれば、あなたがサポートしている変革プロジェクトにおいて、チェンジマネジメントがどれだけ寄与しているかを測定し、その価値を実感することができます。

詳しくはこちら

人が変革に抵抗する理由

なぜ人は変革に抵抗するのでしょうか。抵抗は変革に対する自然な反応ですが、感情的な理由だけではありません。私たちチェンジマネジメントプラクティショナーは、抵抗の根本原因を理解する必要があります。そうすることで、個々のメンバーが移行期に前進するのをサポートし、重要な変革を成功させるのに役立つでしょう。

詳しくはこちら

組織のチェンジマネジメント能力構築のためのロードマップ

今日求められている変革のスピードや変革の重要性を考えた時、競合他社に先んじて変革を行う能力は、組織にとって最も重要なコンピテンシーと言えます。組織は、この能力を構築することで、常にアジャイルで準備が整った状態を保つことができます。この能力構築の取り組みには、変革プロジェクトと同じように向き合う必要があります。それには、ProsciのECMロードマップが役立つことでしょう。

詳しくはこちら

組織のチェンジマネジメント(ECM)とは何か

今日、多くの組織が変革プロジェクトにおいてチェンジマネジメントを導入しています。しかしながら、最も革新的な組織であっても一つ一つのプロジェクトを作業としてこなしているに過ぎず、組織全体で変革力を築けずに悩んでいます。この状況に対処するために生まれたのが組織のチェンジマネジメント(ECM)です。

詳しくはこちら

チェンジマネジメントとプロジェクトマネジメントの比較

変革プロジェクトを実行するには、チェンジマネジメントとプロジェクトマネジメントの両側面のアプローチが必要です。チェンジマネジメントとプロジェクトマネジメントは協力して行う必要があり、これらが結びついた時、統合的な価値が生まれ、変革プロジェクトを成功に導きます。

詳しくはこちら

チェンジプラクティショナーが直面する最も差し迫った5つの課題

顧客の課題に取り組む際、問題の核心を把握するためにヒアリングをすると、Prosci®の調査データ、モデル、方法論の活用以外にも、今、チェンジプラクティショナーが直面する課題が見えてきました。この記事では、チェンジプラクティショナーが直面する上位5つの課題を紹介します。

詳しくはこちら

あなたの組織は変革に対するレジリエンス(適応力)を過大に評価していませんか?

コロナ禍において人々が在宅勤務にスムーズに移行できたことで、多くの組織が人々に変革に対するレジリエンス(適応力)があると勘違いしていることがわかりました。問題は、このレジリエンスに対する誤った見解が、エグゼクティブたちに意図せず変革を導入する権限があるかのように思わせてしまうことです。

詳しくはこちら

変革を成功に導く新たな貢献要素に関する調査

Prosciのベストプラクティス調査では20年以上にわたり、変革を成功に導くための7つの貢献要素が安定的に上位に位置してきました。しかし、COVID19のパンデミックの影響で組織は変革の取り組み方を変えざるを得なくなり、上位の貢献要素に変化が起きました。Prosciの最新の調査では、これらの成功を左右する鍵にどこまで迫り、対応していくかが最も注目されるテーマとなっています。

詳しくはこちら

組織の変革力に投資する意義

多くの組織は様々な変革に取り組んできていますが、パンデミックにより更に変革が加速しました。変革に素早く対応するために、組織内で堅固な変革力を確立することが不可欠であることは、未だに多くのリーダーたちにとって盲点となっています。今が、組織の変革力を築き上げ、その投資から恩恵を受ける絶好の機会です。

詳しくはこちら

将来の職場を構築するためにリーダーたちが向き合う問題

コロナ禍の初期段階から、Prosciはパンデミック後の組織の職場復帰と職場のイメージ転換について調査を行い、変革リーダーたちと意見交換を重ねてきました。この経験から、組織の職場態勢を最大限に活用するためには、組織のリーダーたちは大きく3つの問題に対処しなければならないことが分かってきました。

詳しくはこちら

ハイブリッドな職場を計画する ―考慮すべき10の領域―

パンデミックからの「職場復帰」という変革は、組織のイメージ転換や適正化のためのチャンスです。組織のどの側面を変革すべきなのか、何が重要になってくるのかを明確にするために、職場復帰の計画を立てる際に考慮すべき10の領域を紹介します。

詳しくはこちら

変革を推進するうえで効果的な3つの施策(Go-live後定着編)

Go-liveを迎えた後の定着のフェーズは、切替や開始に伴う混乱が起こりやすい期間でもあります。社員一人ひとりが新たなやり方を受入れ、身に着け、活用できるように、Go-live後の定着フェーズにおける変化を定着させるための施策について、実際の事例も交えながら紹介します。

詳しくはこちら

デジタルトランスフォーメーション 成功への鍵

この何年もの間、多くの組織はデジタルトランスフォーメーション(DX)が最優先課題であるとずっと認識してきました。しかし、DXとは何なのかということについては混乱が見られ、その混乱ゆえにせっかく導入したテクノロジーの活用に苦労しています。変革における人的側面の管理は、この問題に対処する重要な考え方になります。

詳しくはこちら

変革を推進するうえで効果的な3つの施策(実行編)

プロジェクトの実行フェーズでは社員から様々な反応が起こります。変革を推進する際、チェンジマネジメントの観点から、実行フェーズにおいては「欲求」を意識した施策が効果的です。

詳しくはこちら

変革を推進するうえで効果的な3つの施策(プロジェクト立ち上げ編)

プロジェクトの立ち上げフェーズにおける課題は、プロジェクト進行において大きな影響を与えます。チェンジマネジメントの観点から、プロジェクト立ち上げフェーズにおける効果的な施策を紹介します。

詳しくはこちら

変革を推進するうえで効果的な3つの施策(プロジェクト準備編)

プロジェクトの準備段階において、エグゼクティブやリーダーにチェンジマネジメントの必要性や重要性を理解してもらうためには、どのような施策を実施すれば効果的でしょうか。

詳しくはこちら

変革のための共通言語としてADKAR®モデルを活用しましょう

変革における共通言語があれば、用語の理解に時間を費やすことなく、組織全体で効率よく、効果的に変革の本質について語り合うことができるようになるでしょう。

詳しくはこちら

図解:ADKAR Modelが変革の原動力となることを示す新たなデータ

ADKARは世界で最も普及した変革モデルのひとつになりました。このモデルは個人の変革マイルストーンを明示したものですが、組織内で変革を推進するために斬新で独創的な使い方も広く採用され、実効性があることが報告されています。

詳しくはこちら

バーチャル型チェンジマネジメント資格認定プログラムについて

オンラインで受講できる、プロジェクトにチェンジマネジメントを適用する方法を学ぶ3日間の体験学習プログラム。チェンジマネジメントの方法論、ツール、およびProsci ADKAR®モデルを組み合わせることで、プロジェクトの成果を上げることができます。

詳しくはこちら

変革に対して社員が抱く10の質問

変革を成功させるには、変革を通して社員をサポートすることが不可欠です。変革に関して社員から最もよく寄せられる10つの質問を理解し質問に備えておけば、マネージャーや上司は人々を正しい方向に導くことができます。

詳しくはこちら

変革に抵抗を感じる社員の3つのタイプ 参加意欲を高めるには?

変革を迫られた時、社員たちの反応は3つに分かれます。社員全員の変革への抵抗感を払拭することは不可能ですが、抵抗を示す社員のタイプを見極めることで、チェンジマネジメントのエネルギーを適切に配分させて、プロジェクトの成功を最大化することができるでしょう。

詳しくはこちら

チェンジマネジメントへの前向きな取り組みを促す5つの質問 

チェンジマネジメントの価値について論じる際のキーポイントは、チェンジマネジメントについて語らないことです。組織としてのベネフィットとプロジェクトの目標達成から始まる5つの質問を投げかけることで、経営陣やプロジェクトリーダーたちにチェンジマネジメントの価値を理解してもらうことができます。

詳しくはこちら

コラムイメージ画像

変革とはプロセスである

変革を3つのフェーズからなるプロセスとして取り扱うことで、各個人が自分の行動や仕事のやり方を変化させ、確実に変革を成功に導くことができるようになります。

詳しくはこちら

AIとチェンジマネジメント

我々は少しずつ人工知能(AI)が組織のチェンジマネジメントに与える影響を把握し始めています。AIがどのようにチェンジマネジメントに影響するか、変革リーダーがどの程度AIツールを活用しているか、そしてその利用方法や初期段階でのベネフィットについてProsciが調査した結果を紹介します。

続きを読む

チェンジマネジメントのトレンドを読み解く — 2024年とその後

チェンジマネジメントは2024年の主要なトレンドの影響を受け始めています。これらのトレンドを理解し、チェンジマネジメントに関連するデータを分析することで、組織のリーダーやチェンジマネージャーは変革を促進し、オポチュニティを最大限に活かすことができるでしょう。各トレンドがあなたの組織、社員、そして変化し続けるチェンジマネジメントに与える影響を詳しく検証してみましょう。

続きを読む

チェンジマネジメントの投資対効果(ROI)の算出方法

チェンジマネジメントによって、プロジェクトが目指す成果のうち、どの程度が社員の「受け入れと活用」に依存するのかを把握することが可能になります。人的側面の投資対効果(ROI)を定量化することで、チェンジマネジメントのROIを算出し、プロジェクトリーダーや経営幹部と有意義で建設的な対話を行うためのコンテンツを提供し、チェンジマネジメントへの賛同とコミットメントを得ることができます。

続きを読む

抵抗チェックリスト:変革への抵抗に対処するためのベストプラクティス

Prosciの「抵抗チェックリスト」は、世界中の10,000人以上のチェンジマネジメント専門家との25年以上にわたるベンチマーク調査に基づいています。この高度なチェックリストは、チェンジマネジメントのベストプラクティスと皆様のチェンジマネジメント活動を整合させるための出発点として活用いただけます。

続きを読む

チェンジマネジメントの5つの障壁を回避する

変革を成功に導くことは容易なことではありませんが、Prosciのチェンジマネジメント・ベストプラクティス調査は、変革を導入する際に何が有効で、何が有効でないかについて、貴重な識見とデータを提供してくれます。世界中のチェンジマネジメントのプロフェッショナルから得た識見により、成功を阻む一般的な障壁を予測し、回避することができます。

続きを読む

管理が不十分な変革のコストとリスク

変革の人的側面が無視されたり、不適切に管理されたりすると、プロジェクトと組織はさらなるコストとリスクを背負うことになります。効果的なチェンジマネジメントは、コスト回避の手法であり、リスク軽減の戦術であり、正当な投資となります。チェンジマネジメントをどのように位置づけ、そのメリットをどのように明確に伝え、共有するかについて説明します。

続きを読む

チェンジマネジメントアセスメントの実施方法

変革プロセスにおいては、チェンジマネジメントアセスメントが重要です。正しいチェンジマネジメントの枠組みに沿ってアセスメントを行うことで、チェンジマネジメント戦略プランが立てやすくなり、プロジェクトチームはチェンジマネジメントのアプローチを判断する上で十分な情報を得ることができます。

続きを読む

組織の変革力を示す11の要素

チェンジマネジメントに取り組もうとしている人々は、組織のチェンジマネジメント(ECM)から得られる価値や、チェンジマネジメント能力を備えた組織の特徴を理解しきれていないかもしれません。チェンジマネジメント研修プログラムの中で、組織の将来の具体的で鮮明な姿を描く過程で得られた11個の要素をまとめることにより、組織が変革力を構築するとはどういうことなのか、理解を深める手助けとなるでしょう。

続きを読む

変革の飽和状態を軽減する6つの対応策

組織の変革は、質と量の両面で減少の兆しは見られません。多くの急務の変革プロジェクトが進行中であり、そのため変革の飽和状態が発生し、その影響も懸念されています。このコラムでは、チェンジリーダーや組織が採用できる対策について紹介します。

続きを読む

チェンジマネジメントの価値は測定可能

チェンジプラクティショナーたちは、チェンジマネジメントが変革にどれだけ寄与しているかを測定し、実感するのに苦労しています。しかし、Prosciの包括的なアプローチを用いれば、あなたがサポートしている変革プロジェクトにおいて、チェンジマネジメントがどれだけ寄与しているかを測定し、その価値を実感することができます。

続きを読む

人が変革に抵抗する理由

なぜ人は変革に抵抗するのでしょうか。抵抗は変革に対する自然な反応ですが、感情的な理由だけではありません。私たちチェンジマネジメントプラクティショナーは、抵抗の根本原因を理解する必要があります。そうすることで、個々のメンバーが移行期に前進するのをサポートし、重要な変革を成功させるのに役立つでしょう。

続きを読む

組織のチェンジマネジメント能力構築のためのロードマップ

今日求められている変革のスピードや変革の重要性を考えた時、競合他社に先んじて変革を行う能力は、組織にとって最も重要なコンピテンシーと言えます。組織は、この能力を構築することで、常にアジャイルで準備が整った状態を保つことができます。この能力構築の取り組みには、変革プロジェクトと同じように向き合う必要があります。それには、ProsciのECMロードマップが役立つことでしょう。

続きを読む

組織のチェンジマネジメント(ECM)とは何か

今日、多くの組織が変革プロジェクトにおいてチェンジマネジメントを導入しています。しかしながら、最も革新的な組織であっても一つ一つのプロジェクトを作業としてこなしているに過ぎず、組織全体で変革力を築けずに悩んでいます。この状況に対処するために生まれたのが組織のチェンジマネジメント(ECM)です。

続きを読む

チェンジマネジメントとプロジェクトマネジメントの比較

変革プロジェクトを実行するには、チェンジマネジメントとプロジェクトマネジメントの両側面のアプローチが必要です。チェンジマネジメントとプロジェクトマネジメントは協力して行う必要があり、これらが結びついた時、統合的な価値が生まれ、変革プロジェクトを成功に導きます。

続きを読む

チェンジプラクティショナーが直面する最も差し迫った5つの課題

顧客の課題に取り組む際、問題の核心を把握するためにヒアリングをすると、Prosci®の調査データ、モデル、方法論の活用以外にも、今、チェンジプラクティショナーが直面する課題が見えてきました。この記事では、チェンジプラクティショナーが直面する上位5つの課題を紹介します。

続きを読む

あなたの組織は変革に対するレジリエンス(適応力)を過大に評価していませんか?

コロナ禍において人々が在宅勤務にスムーズに移行できたことで、多くの組織が人々に変革に対するレジリエンス(適応力)があると勘違いしていることがわかりました。問題は、このレジリエンスに対する誤った見解が、エグゼクティブたちに意図せず変革を導入する権限があるかのように思わせてしまうことです。

続きを読む

変革を成功に導く新たな貢献要素に関する調査

Prosciのベストプラクティス調査では20年以上にわたり、変革を成功に導くための7つの貢献要素が安定的に上位に位置してきました。しかし、COVID19のパンデミックの影響で組織は変革の取り組み方を変えざるを得なくなり、上位の貢献要素に変化が起きました。Prosciの最新の調査では、これらの成功を左右する鍵にどこまで迫り、対応していくかが最も注目されるテーマとなっています。

続きを読む

組織の変革力に投資する意義

多くの組織は様々な変革に取り組んできていますが、パンデミックにより更に変革が加速しました。変革に素早く対応するために、組織内で堅固な変革力を確立することが不可欠であることは、未だに多くのリーダーたちにとって盲点となっています。今が、組織の変革力を築き上げ、その投資から恩恵を受ける絶好の機会です。

続きを読む

将来の職場を構築するためにリーダーたちが向き合う問題

コロナ禍の初期段階から、Prosciはパンデミック後の組織の職場復帰と職場のイメージ転換について調査を行い、変革リーダーたちと意見交換を重ねてきました。この経験から、組織の職場態勢を最大限に活用するためには、組織のリーダーたちは大きく3つの問題に対処しなければならないことが分かってきました。

続きを読む

ハイブリッドな職場を計画する ―考慮すべき10の領域―

パンデミックからの「職場復帰」という変革は、組織のイメージ転換や適正化のためのチャンスです。組織のどの側面を変革すべきなのか、何が重要になってくるのかを明確にするために、職場復帰の計画を立てる際に考慮すべき10の領域を紹介します。

続きを読む

変革を推進するうえで効果的な3つの施策(Go-live後定着編)

Go-liveを迎えた後の定着のフェーズは、切替や開始に伴う混乱が起こりやすい期間でもあります。社員一人ひとりが新たなやり方を受入れ、身に着け、活用できるように、Go-live後の定着フェーズにおける変化を定着させるための施策について、実際の事例も交えながら紹介します。

続きを読む

デジタルトランスフォーメーション 成功への鍵

この何年もの間、多くの組織はデジタルトランスフォーメーション(DX)が最優先課題であるとずっと認識してきました。しかし、DXとは何なのかということについては混乱が見られ、その混乱ゆえにせっかく導入したテクノロジーの活用に苦労しています。変革における人的側面の管理は、この問題に対処する重要な考え方になります。

続きを読む

変革を推進するうえで効果的な3つの施策(実行編)

プロジェクトの実行フェーズでは社員から様々な反応が起こります。変革を推進する際、チェンジマネジメントの観点から、実行フェーズにおいては「欲求」を意識した施策が効果的です。

続きを読む

変革を推進するうえで効果的な3つの施策(プロジェクト立ち上げ編)

プロジェクトの立ち上げフェーズにおける課題は、プロジェクト進行において大きな影響を与えます。チェンジマネジメントの観点から、プロジェクト立ち上げフェーズにおける効果的な施策を紹介します。

続きを読む

変革を推進するうえで効果的な3つの施策(プロジェクト準備編)

プロジェクトの準備段階において、エグゼクティブやリーダーにチェンジマネジメントの必要性や重要性を理解してもらうためには、どのような施策を実施すれば効果的でしょうか。

続きを読む

変革のための共通言語としてADKAR®モデルを活用しましょう

変革における共通言語があれば、用語の理解に時間を費やすことなく、組織全体で効率よく、効果的に変革の本質について語り合うことができるようになるでしょう。

続きを読む

図解:ADKAR Modelが変革の原動力となることを示す新たなデータ

ADKARは世界で最も普及した変革モデルのひとつになりました。このモデルは個人の変革マイルストーンを明示したものですが、組織内で変革を推進するために斬新で独創的な使い方も広く採用され、実効性があることが報告されています。

続きを読む

バーチャル型チェンジマネジメント資格認定プログラムについて

オンラインで受講できる、プロジェクトにチェンジマネジメントを適用する方法を学ぶ3日間の体験学習プログラム。チェンジマネジメントの方法論、ツール、およびProsci ADKAR®モデルを組み合わせることで、プロジェクトの成果を上げることができます。

続きを読む

変革に対して社員が抱く10の質問

変革を成功させるには、変革を通して社員をサポートすることが不可欠です。変革に関して社員から最もよく寄せられる10つの質問を理解し質問に備えておけば、マネージャーや上司は人々を正しい方向に導くことができます。

続きを読む

変革に抵抗を感じる社員の3つのタイプ 参加意欲を高めるには?

変革を迫られた時、社員たちの反応は3つに分かれます。社員全員の変革への抵抗感を払拭することは不可能ですが、抵抗を示す社員のタイプを見極めることで、チェンジマネジメントのエネルギーを適切に配分させて、プロジェクトの成功を最大化することができるでしょう。

続きを読む

チェンジマネジメントへの前向きな取り組みを促す5つの質問 

チェンジマネジメントの価値について論じる際のキーポイントは、チェンジマネジメントについて語らないことです。組織としてのベネフィットとプロジェクトの目標達成から始まる5つの質問を投げかけることで、経営陣やプロジェクトリーダーたちにチェンジマネジメントの価値を理解してもらうことができます。

続きを読む

コラムイメージ画像

変革とはプロセスである

変革を3つのフェーズからなるプロセスとして取り扱うことで、各個人が自分の行動や仕事のやり方を変化させ、確実に変革を成功に導くことができるようになります。

続きを読む