チェンジマネジメントの計画と実行

チェンジマネジメントにおける役割

チェンジマネジメントの最終的な目的は社員のエンゲージメント力を高め、新たな仕事のやり方を採用するよう鼓舞することで、組織が結果や成果を出すための原動力となることです。変革の対象がプロセス、システム、職務内容、組織体制のいずれであれ(あるいはそのすべてであっても)、個々の社員が日々の行動を変え、新たなやり方で仕事をするようになったときに初めてプロジェクトは成功します。これこそがチェンジマネジメントの本質です。